借地権売却価格の考え

借地権の取引の際の不動産業界では借地権と地底の価値はコーヒーカップとソーサーの関係であるといわれています。つまりいくら良い借地権(コーヒーカップ)であっても、地底(ソーサー)が無いと大きな価値を生み出さないことになります。つまり、借地権あるいは地底だけの取引を考えてしまうと安い値段で買いたたかれてしまうことになってしまいます。

特に借地権だけの取引の場合には、借地権を購入した後に、新しい所有者は建て替えの時は立替承諾料や譲渡にも地主さんの許可や承諾料が必要になり、煩雑な手続きが必要になるので敬遠されるか、価格の大幅な低下が起こってしまいます。

 

一方で地底の単独取引の場合にも、借地権は別の方が所有していることになるので、自分の所有地であるにも関わらず、非常に使いにくいというデメリットが生じてしまいます。ですから、地底のみの取引の場合にも価格の大幅な低下が起こる可能性は非常に高くなってしまいます。

 

上記のような理由から、借地権の取引をする場合には地底も合わせての取引を考えたほうがトータルな面で大きなメリットがあります。実際にどのように取引すればいいのかわからないような場合には、土地取引を専門にする不動産会社や行政書士のアドバイスを求めるとスムーズにそして損益を減らすことが可能になります。