借地権とは

借地権とは、建物の所有を目的とした地上権または土地賃借権の総称のことを意味しています。借地権のついた土地の所有権を地底と呼ぶこともあります。

借地権の価格は、法的側面、経済的側面の両方から決められることになります。法的側面というのは、土地を長期間保有することによる借地人の安定的な収益が価格決定の中心的な要素となります。経済的側面というのは、借地権の付着している土地をベースにして成り立つ経済的利益の中で取引の対象となっているものが価格決定の中心的な要素となります。

我が国の場合には借地権の価格を国税庁が相続税等の課税目的のために、国内各地において決定し公表する制度をとっています。

 

借地権は単に土地を借りるための権利と考えるのは間違っています。建物の所有を目的としていることが必要になります。借地権は、地上権と賃借権に分類することができます。地上権は、土地の権利を登記することが可能ですので、建物を第三者に売ったり賃貸することも可能になります。しかしながら賃借権は第三者に売ったり賃貸する場合には、あらかじめ土地所有者(地主)の承諾が必要になります。

平成4年8月に新借地借家法が決められ、借地権は普通借地権・定期借地権と2つ大別されることになりました。さらに定期借地権は一般定期借地権・事業用借地権・建物譲渡特約付借地権の3つに大別されることになりました。従来の借地権は、土地を貸したら返ってこない制度とも言われていましたが、法改正によって借地権の契約期限を設定可能となりました。これは土地の有効活用を可能にできる変更でもあります。