借地権売却価格の考え

借地権の取引の際の不動産業界では借地権と地底の価値はコーヒーカップとソーサーの関係であるといわれています。つまりいくら良い借地権(コーヒーカップ)であっても、地底(ソーサー)が無いと大きな価値を生み出さないことになります。つまり、借地権あるいは地底だけの取引を考えてしまうと安い値段で買いたたかれてしまうことになってしまいます。

特に借地権だけの取引の場合には、借地権を購入した後に、新しい所有者は建て替えの時は立替承諾料や譲渡にも地主さんの許可や承諾料が必要になり、煩雑な手続きが必要になるので敬遠されるか、価格の大幅な低下が起こってしまいます。

 

一方で地底の単独取引の場合にも、借地権は別の方が所有していることになるので、自分の所有地であるにも関わらず、非常に使いにくいというデメリットが生じてしまいます。ですから、地底のみの取引の場合にも価格の大幅な低下が起こる可能性は非常に高くなってしまいます。

 

上記のような理由から、借地権の取引をする場合には地底も合わせての取引を考えたほうがトータルな面で大きなメリットがあります。実際にどのように取引すればいいのかわからないような場合には、土地取引を専門にする不動産会社や行政書士のアドバイスを求めるとスムーズにそして損益を減らすことが可能になります。

借地権の価格や売買

国税庁が公表している借地権並びに地底の評価額はその土地の路線価に借地権割合という数字を掛けたもので決定されます。しかしながら、これは国税庁が確実に相続税を徴収するための価格であって、必ずしも一般的な取引価格と同じにはならないことが多くなります。

 

一方で一般の人が借地権や地底を買い入れるケースは稀ということもありますので、不動産取引のプロである不動産屋さんが取引する場合に比べて損益の多い価格で取引をしてしまうことも多くなります。

このような不利益をこうむることが無いように、借地権の取引に詳しい専門家に相談するのは良い方法になります。借地権売買に詳しい不動産屋に相談するのは悪い方法ではありませんが、あまり知識がない不動産会社もありますのでしっかりと見極めてから相談しましょう。

 

法律の専門家である、行政書士に相談するのもメリットが得られることが多くなります。行政書士であればだれでもいいわけではありません。それぞれの専門分野がありますから、土地取引の専門家に相談するのが一番良い方法になります。インターネット上には多くの不動産会社や行政書士の情報がありますので、その中から土地取引を得意とする不動産や行政書士を選んで依頼するのが良い方法になります。

借地権とは

借地権とは、建物の所有を目的とした地上権または土地賃借権の総称のことを意味しています。借地権のついた土地の所有権を地底と呼ぶこともあります。

借地権の価格は、法的側面、経済的側面の両方から決められることになります。法的側面というのは、土地を長期間保有することによる借地人の安定的な収益が価格決定の中心的な要素となります。経済的側面というのは、借地権の付着している土地をベースにして成り立つ経済的利益の中で取引の対象となっているものが価格決定の中心的な要素となります。

我が国の場合には借地権の価格を国税庁が相続税等の課税目的のために、国内各地において決定し公表する制度をとっています。

 

借地権は単に土地を借りるための権利と考えるのは間違っています。建物の所有を目的としていることが必要になります。借地権は、地上権と賃借権に分類することができます。地上権は、土地の権利を登記することが可能ですので、建物を第三者に売ったり賃貸することも可能になります。しかしながら賃借権は第三者に売ったり賃貸する場合には、あらかじめ土地所有者(地主)の承諾が必要になります。

平成4年8月に新借地借家法が決められ、借地権は普通借地権・定期借地権と2つ大別されることになりました。さらに定期借地権は一般定期借地権・事業用借地権・建物譲渡特約付借地権の3つに大別されることになりました。従来の借地権は、土地を貸したら返ってこない制度とも言われていましたが、法改正によって借地権の契約期限を設定可能となりました。これは土地の有効活用を可能にできる変更でもあります。